尿漏れで悩んでいる人は泌尿器科を受診しよう

過活動膀胱とは

看護師

頻繁に尿意を感じる理由

尿漏れを起こす原因のひとつに、過活動膀胱という疾患があります。過活動膀胱とは、急にトイレに行きたくなったり、トイレが我慢できずに尿が漏れてしまうような状態のことを指します。排尿を我慢できない状態のことを尿意切迫感と言います。尿意切迫感を頻繁に感じている場合には、過活動膀胱の可能性が非常に高いと考えられます。尿意切迫感の他にも、頻尿や夜間頻尿が見られる場合にも過活動膀胱の可能性が高くなります。頻尿は1日に8回以上の排尿、夜間頻尿は睡眠中に1回でも尿意を感じて起きていれば当てはまります。トイレの回数が多いと感じた場合には、1日に何回トイレに行くかを数えてみるのがおすすめです。回数が多ければ病院を受診したほうが良いですし、問診の際にもトイレの回数を確認されるので、しっかりと記録しておきましょう。

症状が悪化した場合

過活動膀胱による尿漏れを放置してしまうと、排尿のコントロールができなくなってしまうことがあります。そのため、切迫尿意感が強く現れ、一日に何度も何度もトイレに行くことになります。またトイレに間に合わず尿漏れを起こすこともあるため、仕事はもちろん外出するのも困難になってしまいます。また、夜間の睡眠中にも尿意を感じる回数が増えるために、睡眠不足になることもあります。過活動膀胱の原因は、神経トラブルによって起こるものと、そうでないものに分けられます。一般的によく見られるのは、女性や高齢者に起こりやすい骨盤底筋の筋力低下による尿漏れです。妊娠、出産、加齢などが原因となって起こる、非神経因性過活動膀胱と呼ばれるものになります。

膀胱炎とは

笑うウーマン

膀胱炎の三大症状は頻尿、排尿痛、尿の混濁です。頻尿ではトイレの回数が増えることや尿漏れが見られます。尿の混濁は白っぽい尿や血が混じった尿が見られることがあります。男性よりも女性に多いのが特徴です。薬物療法と水分を多く摂取することが主な治療となります。

詳しく見る

ひとりで悩みがちな症状

電卓と模型

尿漏れは男女共に珍しい症状ではないものの、恥ずかしいと考えて受診しないケースが多いのが現実です。しかしきちんと受診して適切な治療を行いましょう。尿漏れが気になって水分を控えたり外出をしないのは体に悪いので気をつけましょう。

詳しく見る

骨盤底筋のゆるみ

ドクターと患者

尿漏れは高齢者が気にする問題と思われがちですが、20代や30代の若い女性にも悩んでいる人が多くいます。その原因は骨盤底筋のゆるみと、肥満、便秘が大半を占めます。この骨盤底筋を鍛えることで症状は改善するので、毎日の生活に運動を取り入れるといいでしょう。肥満や便秘も早めの改善を心がけましょう。

詳しく見る